レポート:東京ゲームショー2013
インディーズゲームフェス

[2013/9/22] (TGS2013には9/22一般公開日に参加)
2013年の東京ゲームショーで初めて開催されたインディーズゲームフェスに参加した記録です。
全部を回ることはできませんでしたが、多くの出展者さんにお話をお伺いすることができました。
なお、本文が"である調"なのはご容赦を。

インディーブース訪問


indiegamefest

これまで大企業、有名企業の出展が大勢を占めていた東京ゲームショーに、個人レベルで出展ができる新たな企画ができた。
企画は「インディーズゲームフェス2013」と銘打たれ、世界中からインディーゲームデベロッパー、インディーゲームシーンに注目している人々が集まる機会となった。
あいにくメイン会場から離れたホールではあったが数多くのインディーゲームファンが訪れ、会場は熱気に包まれていた。
展示ブースを回り、気になったゲームの開発者さんから直接お話をお伺いすることが出来たのでここに記載したいと思う。
ゲーム内容というよりも、開発や販売形態、収益化を主体に書いているので、ゲームそのものについては他のレポートサイトを参照されたい。悪しからず。
各ブースの皆様には快くご対応いただいた上、サイトへの掲載をご快諾くださいました。心より感謝いたします。


Hero Emblems : HeatPot Games (台湾)

URL : http://www.heatpotgames.com

iPadで動作する横スクロールアクションRPG。パズルとRPGを合体させたようなゲームで、パッと見はパズドラのような外観。
パズル部分のチップが多様で、それらの組み合わせにより様々な効果が発動する。
という下手な解説よりトレイラーを見ていただいた方が良いか。

Hero Emblems Tokyo Game Show 2013 Trailer (YouTube)

開発は兄弟で行っているとのこと。プログラム担当とデザイン担当の2名体制。
これまでの開発期間は1年くらい。今は15ステージしかないが、55ステージにする予定。
今年(2013)冬に発売予定。「残り40ステージもあるが時間がかかりすぎないか?」との質問には、ベースは出来ておりあとはステージの追加作業なので問題なく進められるとの回答をいただく。
AppStoreで販売するつもりだが、価格については検討中。

HeatPot Games


SPACE QUBE : QUBIT GAMES (台湾)

URL : http://spacequbegame.com

ボクセル系3Dシューティング、と呼べばよいのか? 自機を1からデザインできるのが楽しい。
最初の方はそんなに難度は高くなく、すいすいと進む。ステージボスが出てきたのだが、スペースハリヤーを思い出してちょっとニヤッとした。
そんな下手な解説よりトレイラーを見ていただいた方が良いか。

Space Qube Launch Trailer (YouTube)

こちらも開発は2名体制。
開発期間は1年半で、リリースはつい2日前(9/20)にしたばかり。
iOS対応でAppStoreで購入することができる。価格は250円と仰っていた。
粒粒キューブがはじけ飛ぶのはなかなかに気持ちいい。今後はこのエンジンを使って別のゲームを作りたいとのこと。

QubitGames
ゲーム画面が映っていなくて申し訳ない。トレイラーで確認していただければ。


MYTHOS : なすびあん (日本)

URL : http://nasubian.sannasubi.com

ミリタリーとオカルトとSFのノベルゲーム。プラットフォームはPC。
ノベル系ゲームでネタバレは最悪なので内容については何も書かないこととするが、それじゃあんまりなのでオープニングを見ていただくこととしたい。

【同人ノベル】MYTHOS 第一部【オリジナル】 (YouTube)

開発は60名くらい。インディーでこの人数はあまり聞いたことが無いので、大変な工数がかかっているなと単純に思った。
開発期間を聞いてみたがその場では開発工程を把握されている方がご不在だったため不明。
基本無料で、云わば投げ銭システムで収益化されているとのこと。昨年(2012)冬に第一弾をリリース。

なすびあん


Voxatron : Lexaloffle Games (日本)

URL : http://www.lexaloffle.com

ボクセル系のフィールドアクション。PCで動作する。
敵を倒すとアイテムを落とし、それを取ると一定期間武器がパワーアップ。
が、落ちているアイテムに弾が当たると反動で移動するので、撃ちながらアイテムに直進するとなかなか手に入らない。しかし撃ってないと敵に襲われる。楽しい。
そんな下手な解説よりトレイラーを見ていただいた方が良いかと思ったが、2年前のプレビュー版しか見つけられなかった。一応これを貼っておく。

Voxatron Preview 3 (YouTube)

開発者は1名。いただいたパンフには「東京・吉祥寺にあるカフェ(PicoPicoCafe)で開発されています」とある。
ゲームが好きな奥様に開発しているゲームの話をしつつ、アイデアを練りこんでいくとのこと。奥様はゲーム好きだけあって、時にキビシイご意見を賜るそうである。

LexaloffleGames
寝不足のご様子。


C-WARS : Onipunks Studio Inc. (中国)

URL : http://www.onipunks.com

ドット絵バリバリのリアルタイムタクティクスゲーム。アンドロイドで動作。
百聞は一見にしかずなのでトレイラーを見ていただいた方が良いか。

Cwars enhanced official trailer (YouTube)

以前、大きなプロジェクトを起こしていたのだが、大きすぎて途中でペンディングになったため、このゲームに着手したとのこと。
開発者4名体制で1年ぐらいの期間で作成。11月にアンドロイド版をリリースの予定。その後、Steam, 3DS, PSP Vita 等、幅広く展開される。

基本無料でアイテム課金方式。「開発費の回収見込みはいかがか?」と質問したところ、スタッフ間でしばらくやりとりした後「大丈夫」とご回答いただいた。メモ帳に大丈夫と書くと笑っておられた。
サイトからアルファ版のダウンロードができるようである。http://www.onipunks.com/download.html

OnipunksStudioInc


O!BEAT : EZ Player Studio (台湾)

URL : http://www.ez-player.com ※ facebookに転送されるようです。
URL : http://obeatfun.com

iPadで動作する音ゲー。音楽に合わせて、画面中央から周囲に向かって丸い物が放出されるので、取り囲んでいる円周上に来た時にその丸い物をタッチする。
見ていただこうといろいろ調べたのだがトレイラー等の公式映像を見つけられなかった。申し訳ない。ニコニコやYouTubeにファン投稿の動画がいくつかある模様。
無料でApp Store から入手できると仰っていた。

あ! なんてことだ、ブースの写真を撮り忘れてしまった。再び申し訳ない。
代わりと言ってはなんだが、頂戴したポストカードとCDを掲載させていただく。

EZPlayerStudio


TENGAMI : nyamyam (イギリス)

URL : http://nyamyam.com

「癒し系純和風飛び出す絵本アドベンチャー」と(勝手に)呼ばせていただきたい。ブースにて少しだけプレイさせていただくつもりがその世界にハマってしまい、後ろで待たれていた方に多大なるご迷惑をおかけしてしまった。この場を借りてお詫び申し上げる。
コンピュータの3D機能はリアルなFPSゲームのためだけにあるのでは決してないことを改めて認識させられた。じっくりと、そしてゆったりとプレイしたいゲームである。
拙い文章では何も伝わらないと思うので、ぜひトレイラーをご覧いただきたい。

Official Tengami Gameplay Trailer (YouTube)

メインの開発者は3名で、さらに音楽やサウンドエフェクトを担当される3名の方々と共に開発を進められている。
ウェブサイトの情報によると「2013年にiOS、Wii U e-shop, Windows、OS Xは2014年に発売予定」とのこと。

nyamyam


Flock : 2Dfantasista (日本)

URL : http://www.2dfantasista.net

こちらも癒し系。2Dシューティングゲームなのだが、ガチな弾幕ジャンキーとは無縁の、ゆるふわ的な雰囲気が女性に受けている。
プレイしたデモバージョンでは未実装であったが、画面奥方向に進行し、底に到達すると対ボス戦となるステージ制とする予定とのこと。
ゆるふわ感を動画でご紹介したかったが見つけられなかった。facebookに静止画をあげられていらっしゃるようなのでこちらをご覧いただきたい。

https://www.facebook.com/2Dfantasista

開発に着手したのは今年(2013)5月のGW明けからで、TGS2013でインディーズフェスを開催するというアナウンスがスタートする契機になったそうである。
2014年2月〜4月リリースを目標とし、現在2名の開発体制を4名に増やして開発を加速させる方向で進められている。
開発プラットフォームはUnity。PS4でのリリースをターゲットとしている。

2Dfantasista


HERA 破滅の女神 : スタジオインデックス (日本)

URL : http://www.indexstyle.com

iPhone/iPadで動作する3Dシューティングゲーム。ジャイロセンサーで操作するので遊んでいる様は割りと派手になるかも。個人的に体を動かす系のゲームは好きなのである。
中途半端な解説よりもプロモーションムービーを見ていただく方が良いだろう。

Android版「HERA 破滅の女神」HERA The goddess of ruin プロモーションムービー (YouTube)

AppStoreで定価300円のところ、9/30まで期間限定で100円で販売しているそうなので、買うなら今がチャンス。
https://itunes.apple.com/jp/app/hera-po-mieno-nu-shen/id485649159

Android版は広告が表示されるが無料で入手できる。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.indexstyle.HERAFREE

社長と開発者の計2名で、作成期間はおよそ1ヶ月。Unityで開発されたとのこと。Unity強し。

うお! またやっちまった。ブース写真を撮り忘れている。申し訳ない。


EF-12 : クアッドアロー (日本)

URL : http://ef-12.com

3D格闘ゲームを展示されていたが、より正確には「3D格闘ゲームのプラットフォーム」と言うべきだろうか。自分で考えたキャラクタを自由に作ることができる。実際に展示されていたゲームには一般の方が作成されたモデルが組み込まれていた。
最新のプロモーションビデオが公開されているので詳しくはこちらをご覧いただければと思う。

EF12 promotion video 2013 (YouTube)

すばらしいエンジンでありながら、使用にあたっての費用は一切かからず、商用利用も可能とのこと。
オリジナルの3D格闘ゲームを作りたいならばまず真っ先にEF-12を検討すべきであろう。
サイト内にはコミュニティの場(Lounge)もあり、EF-12ユーザの情報交換、交流が図られている。

QuadArrow
久しぶりに3D格闘ゲームをやったがCPUにはなんとか勝てた。熱い。


HSP3 : オニオンソフトウェア (日本)

URL : http://www.onionsoft.net

「HSP3」は他に類を見ない敷居の低さと永年の蓄積による豊富な機能を併せ持つ、BASICに近いインタープリタ言語である。
ゲーム作成に使いやすい命令も備えており、ゲームプログラミング入門によく使われている。そのため、ゲーム専用言語と思われる節もあるがそうではない。10年以上に渡って続けられている「HSPプログラミングコンテスト」には、ゲームはもとより、ゲーム作成の補助ツールやグラフィックツールなど多岐に渡って応募されており、決してゲーム専用言語に留まるものでは無いことを証明している。
HSPは以下のサイトから入手できる。情報も豊富なのでプログラミングに興味のある方は見て欲しい。

http://hsp.tv

使用にあたっての費用は一切かからず、作成したプログラムは自由に配布でき、しかも商用利用まで可能である。
現在は、iPhoneやAndroid上で動作するアプリを作るための環境「HSP3Dish」に力を入れられており、Windowsでもスマホでも同じプログラムコードで動くようになっている。

ONIONSoftware
HSP作者のおにたまさん。


デッドエンド・ヴァレンタイン : サークルやまどん! (日本)

URL : http://blog.goo.ne.jp/yamadadon (blog)

デッドエンドADV。ヴァレンタインデーに二人の女性から同時にチョコをいただくという修羅場を体験できる。
これ以上のネタバレはしない。TGS向けのトレイラーが公開されているのでご覧いただこう。

デッドエンドヴァレンタイン トレーラー3 (YouTube)

2013年2月より配信されている。PlayStation Mobile (PSM)をプラットフォームとし、PS Vita をはじめ、PSMに対応したデバイスで動作する。
開発者は4名で、期間2ヶ月で製作。PCではなく、PSP Vita のようないわゆるコンシューマーゲーム機で動作すると、一般の方からは「すごい!」と言われることが多いそうだ。
PSM自体が決して高い知名度を持っているとは言いがたく、かえって参入しやすい(埋もれにくい)利点もあったとのこと。
PSMパブリッシャーライセンスの1年間有効分が今日(9/26)現在無料となっている。「すごい!」と言われたい方はPSP Vitaで自作ゲームを動かすと良いかもしれない。いつ無料期間が終了するかはわからないので今がチャンス。開発キット(SDK)自体は登録すれば無料で手に入る。

yamadon


LA-MULANA 2 : アスタリズム <NIGORO> (日本)

URL : http://asterizm.jp

日本が世界に誇るインディーゲーム「LA-MULANA」の続編「LA-MULANA 2」のプレイアブルデモを展示。
デモをプレイした方々はことごとく罠にはまり、そしてそれを楽しんでいた。
LA-MULANA 2 の動画はまだアップされていない模様なので、LA-MULANA の歴史が解る動画をご覧いただきたい。

The history of La-Mulana (Japanese) (YouTube)

開発者は3名。アマチュア時代からのつながりからNIGOROを立ち上げ今に至る。上の動画をご覧いただければ解ると思うが、LA-MULANAは初期版から数えると10年以上もの歴史があり、なおかつ新しいプラットフォームでリリースされるたびに進化を遂げている。
ブースには、名作FLASHゲームの作者・インディーゲーム系サイトも手がけるWEBデザイナ・有名フリーゲームのテストプレイヤー・レトロゲームミュージックの人気アレンジャーといった、普段はそれぞれが独立して活躍している面々がスタッフとしてかけつけるなど、NIGOROはゲーム界の横のつながりを大事にされていることが伺えた。
こういった相互の交流・協力が潮流となり、インディーゲーム界の発展が確かなものになっていって欲しいと願って止まない。

NIGORO


ご意見・ご感想は Team HAKARIGOTO 掲示板 にお願いします
Copyright © 2014 @taigoooo